工事・修繕の代理発注と管理(営繕業務一括管理)

複数施設の修繕計画立案、工事会社の見積もり査定・発注代行を行います

全国の施設を定期的に調査し、建物の劣化度や修繕工事の優先度を報告書にまとめます。また、施工会社への見積徴収・見積査定・修繕工事の発注代行を行い、オーナー様の維持管理の効率化とコスト削減のサポートを行います。

複数施設の営繕業務を一括管理することによるメリット

修繕工事の代理発注を行うことで、維持管理業務の効率化が図れます。
また、工事の品質向上とコストの適正化を同時に実現します。

営繕業務のながれ

中長期的な修繕計画を行うことで、建物の耐久性や資産価値を向上します

建物調査、維持管理運用サポート業務を継続する事により、施設の中長期的な修繕計画の見直しが可能となります。

中長期的な修繕計画のメリット

各施設の修繕計画を行い、管理の平準化・効率化・質の均一化を実現します。
また、予防保全により、施設利用者のサービス向上と保全費用の削減を実現します。
1. 建物定期点検調査
・図面等にて事前確認
・建築、設備担当が現地を確認
・ユーザーヒアリングを実施
2. 報告書提出
・現状の不具合状況を報告
・ユーザー要望の報告
3. 建物定期点検調査
・修繕工事計画の作成
・修繕工事を項目毎に仕分
・優先度と概算金額を明示
4. 当年修繕計画の実施
・工事見積徴収、査定
・工事発注支援
・工事監理支援

中長期的な修繕計画への展開

中長期的な終戦計画への展開・建物状況を明確にすることで中長期的な修繕計画・管理が可能になります