住民の医療を地域全体で支える「地域医療」の仕組みとは?

紹介状がないと「初診料が高い」理由とは?

イメージ

病院で診察を受ける時には「初診料」が必要になりますが、かかりつけ医などの紹介状を持たずいきなり大きい病院へ行くと、初診料は5000円を超える費用がかかります。

これは日本が「2025年問題」を抱えているため、社会保障にかかる費用を抑えようとする政府や自治体の政策ということはご存知でしょうか。

2025年問題とは?

2025年には、約650万人の団塊の世代(1947~1949年生の第一次ベビーブーム世代)が全員75歳以上となり、総人口約1億2000万人のうち約2200万人、つまり5人に1人が75歳以上、また3人に1人が65歳以上となると推測されています。

人口ピラミッド図

人口ピラミッド図 2000年

人口ピラミッド図 2015年

人口ピラミッド図 2025年

国立社会保障 人口問題研究所 より

上のグラフの通り、75歳以上の層が増え続けていることがわかります。

そこで最も対応に迫られる分野が、医療と介護です。

年齢階級別国民医療費

年齢階級 平成27年度
国民医療費
(億円)
構成割合比
(%)
人口一人当たり
国民医療費
(千円)
総数 423,644 100.0 333.3
65歳未満 172,368 40.7 184.9
0~14歳 25,327 6.0 158.8
15~44歳 53,231 12.6 120.1
45~64歳 93,810 22.1 284.8
65歳以上 251,276 59.3 741.9
70歳以上 202,512 47.8 840.0
75歳以上 151,629 35.8 929.0

厚生労働省 「国民医療費の概況」より

一人当たりの年間の医療費は64歳までは年間の平均で約18万円かかっていますが、75歳以上になると約90万ほどになり、約5倍の数値に上がります。やはり高齢になるほど医療費がかかります。

年金なども含めた社会保障給付費全体でみますと、2015年度は、約118兆円だったのに対し、2025年度は148兆円。およそ1.3倍に膨れ上がると推計されています。
このように、社会保障に必要な費用が急増し、国の財政を一層圧迫する恐れがあることを「2025年問題」と呼んでいます。

医療と介護ケアを根本的に見直す「地域包括ケアシステム」の実現について

まさに今医療や介護ケアの在り方について根本的に見直さなければならない時期にきており、厚生労働省では、2025年を目途に「高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる」よう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(「地域包括ケアシステム」)の構築を推進しています。

ポイントとしては、市区町村が中心となり、「住まい」「医療」「介護」「生活支援・介護予防」を包括的に体制を整備していくという点にあります。

下の図を見てみましょう。

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステム

基本的に住まい(住み慣れた町)を中心に、医療と介護ケアを包括して生活を支援する体制を自治体が主体的に構築していくイメージです。 私たちの一番身近にいるのが「かかりつけ医」になります。

「かかりつけ医」とは

「健康に関することを何でも相談でき、
必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」

(日本医師会による定義)

かかりつけ医を持つメリットとしては、自分の身体の状態を把握してくれているので、健康管理や多少の体調の変化などを気軽に相談できることや、専門家を的確に紹介してもらえることです。

かかりつけ医を探すポイントとしては以下になります。

  • 身近にあること
    自宅や職場の近くにないと気軽に訪れることができません。
  • お互いに信頼できること
    症状に対して適切な判断をし、その説明がわかりやすく納得できることが重要です。

かかりつけ医の役割としては、 地域医療機関との連携により、必要な医療の情報を提供してくれることはもちろん、地域の医療、保健、福祉の分野でもコーディネーターの役割も担ってくれます。

高度な医療が必要とされるときは、連携している病院や大学病院などの特定機能病院などを紹介(紹介状の作成)してくれますので、精密検査などの外来診療や治療、検査をスムーズに行うことが可能となります。

人口減少や高齢化のスピード、医療・介護資源の分布は地域によって異なるため、地域の課題を地域で解決するというコンセプトで「地域医療構想」が進められています。そのため、都道府県の自治体の力量が問われている政策ともいえます。

下記から気になる自治体の地域包括ケアに対する取り組み事例を紹介していますので確認してみてはいかがでしょうか。

http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/chiiki-houkatsu/

いかがでしたでしょうか。
今回は「2025年問題」で直面する日本の医療や介護における取組の概要をご紹介しました。地域医療においては私たち自身が信頼のおける身近な「かかりつけ医」をみつけ、普段から健康管理のパートナーとすることからはじめてみることが、日本の社会保障の負担を軽減することに寄与するのですね。

大林新星和不動産では、オススメの物件を取り揃えております。詳しくは下記の「住まいのサイト」をチェックしてみてくださいね。

住まいのサイト

バックナンバー